重度の腎盂腎炎は入院が必要 ~腎盂腎炎の治療方法~

急性膀胱炎などで細菌感染を起こし、その細菌が腎臓までいってしまった場合に急性腎盂腎炎といって、腎臓にまで炎症を起こすことがあります。

重症化すると命にも関わると言われている急性腎盂腎炎ですが、検査や治療法はどういったものがあるのでしょうか?

腎盂腎炎の経過と検査や治療法についてご紹介していきます。

スポンサードリンク


膀胱炎から腎盂腎炎になってしまったらどうなる?

急性膀胱炎から尿の通り道である尿管を遡って腎臓にまで細菌が達して繁殖して炎症を起こしてしまうことを急性腎盂腎炎といいます。また、稀に血管から細菌が腎臓に入り感染する場合もあります。

本来なら、細菌は排尿することによって身体の外に出されますし、膀胱や腎臓の中に細菌が入っても、免疫力などにより細菌は繁殖することなくやっつけられるため炎症を起こすまでに至りません。

しかし、尿の流れが悪くなるような尿管結石や前立腺肥大症や、糖尿病など身体の免疫機能が低下する病気を患っていたり、すると腎盂腎炎を発症したりすることがあります。

また、他にも尿道カテーテルなどが入っていたり、尿道などの形に異常あったりする場合は腎盂腎炎を繰り返すことがあります。

症状としては膀胱炎と同じような頻尿、残尿感、排尿痛などの他に、脇腹や背中、腰の痛みや寒気やふるえを伴う38℃以上の高熱が出るのが主な症状です。この高熱により、子どもや高齢者は脱水になりやすく、脱水状態が重篤化すると意識障害が出ることもあります。

他にも吐き気、嘔吐、全身倦怠感(だるさ)、血圧が低くなるなどといった症状が出てきます。腎臓は尿を作る重要な臓器なので、この腎盂腎炎により細菌が腎臓を通る血管を通って血液の流れにより全身にまわると敗血症(はいけっしょう)という命にまで関わる大変危険な状態になることもあります。

特に尿の通り道に異常があり、尿が身体の外に出ない場合は緊急の処置が必要になる場合もあり、こうした腎盂腎炎の症状がある場合には早急な受診が必要です。

腎盂腎炎になったらどんな検査をするの?

腎盂腎炎になった場合も、膀胱炎と同じように尿を調べます。尿の中の成分でタンパク質などが混ざってないか、細菌や白血球の混ざり具合などをみます。培養検査では時間はかかりますが、尿の中に入っている細菌を繁殖させ、その細菌に効く抗生剤を決めるのに役立ちます。

他にも血液検査で身体の中の炎症の程度や腎機能を診たり、尿の通り道に異常がないか超音波みたり、造影剤を使用してX線撮影をすることもあります。

<腎盂腎炎で行われる検査>
・尿検査:細菌や白血球、膿や血液が尿の中に混ざってないか
・尿細菌培養検査:尿を培養し細菌の種類をみる
・血液検査:血液の中の白血球、炎症反応(CRP)、腎機能の程度をみる
菌血症や敗血症の疑いがある場合は、血液の中に細菌が入り込んでないか血液培養を行う場合もある
・画像検査:超音波(エコー)検査、CT検査、造影撮影など
尿の通り道が狭くなってないか、または塞がってないかなど尿路や腎臓の状態を確認する

腎盂腎炎になったら治療法はあるの?

腎盂腎炎には、急に症状が出てくる急性腎盂腎炎と、何度も腎盂腎炎を繰り返し発症する慢性腎盂腎炎があります。急性腎盂腎炎の場合には先に書いたような症状が現れるのが特徴ですが、慢性腎盂腎炎の場合は、症状そのものがない場合もあり、腎盂腎炎の特徴とされる発熱も腰痛なども比較的軽く、あわせて少し食欲がなくなるといった症状が出る程度です。

いずれにせよ、症状や程度が軽ければ外来に通院して治療をすることは可能です。その場合は。嘔吐などがなければ、抗生物質や抗菌剤を約7010日間服用して治療をしていきます。

また、発熱による脱水などもあるため水分を十分にとること、消耗した体力や抵抗力を回復させるため安静にすることなどが必要となってきます。

腎盂腎炎の程度が重症化していたり、嘔吐があったりする場合には、内服ではなく点滴で直接血管の中に抗菌剤を投与して経過をみていきます。またその症状の重さにより、必要なら入院して抗菌剤や水分補給のための点滴をしながら全身状態の経過をみていきます。

通常はこれらの治療を開始して約205日すると症状は緩和して熱も下がってきて、点滴の場合はその効果により途中で抗菌剤の内服薬に変更される場合もあります。

腎盂腎炎では他の病気が発症の要因になっている場合もあるので、腎盂腎炎の炎症に対する治療を行っていき症状がある程度落ち着いたら、その元になっている病気を把握するための検査などをし、尿の通り道に異常がある場合などにはその通り道を良くするための治療と全身状態の管理を行っていきます。

また、糖尿病や前立腺肥大症などの病気を持っている人、妊婦や高齢者など免疫が弱くなっている人、腎盂腎炎を繰り返している人などは、治療が終わった後、尿の成分を調べる尿培養を行い腎盂腎炎が治ったことを確認する場合もあります。

スポンサードリンク


膀胱炎について
膀胱炎に使われる薬
急性膀胱炎について
慢性膀胱炎について
間質性膀胱炎について
出血性膀胱炎について
妊娠・出産・産後の膀胱炎
男性の膀胱炎について
膀胱炎悪化による腎盂腎炎について
膀胱炎の再発予防法
自分でできる膀胱炎の対処法
膀胱炎のときの疑問
膀胱炎と間違えやすい病気