膀胱炎で起こる発熱は、膀胱炎悪化による腎盂腎炎の症状

早期の膀胱炎の治療が適切にされず、膀胱炎が悪化し炎症が膀胱だけでなく腎臓にまで進むと「腎盂腎炎(じんうじんえん)」になってしまうことがあります。

腎盂腎炎は全身にも影響を及ぼし、命に関わることもあります。膀胱炎の早期発見、早期治療はもちろんのこと、膀胱炎を腎盂腎炎にまで発展させず治療を確実にするにはどうしたらいいのでしょうか?

スポンサードリンク


膀胱炎がどうして腎盂腎炎になってしまうの?

陰部が不潔なままだったり、性交など何らかの原因で陰部に細菌が付着したりすることで、尿道口から細菌が尿道を遡って膀胱に侵入して炎症を起こすと膀胱炎になります。

さらにこの細菌が膀胱から腎臓に伸びる尿管に尿が逆流して、腎臓まで細菌を運ばれることがあります。運ばれた細菌は尿管に近い腎盂(じんう)や腎杯(じんぱい)と感染を起こし、もっと進むと尿をつくる元になる部分の腎皮質、腎髄質を含む腎実質(じんじっしつ)にまで達して感染を起こすことがあります。

こうした腎盂や腎杯、腎実質に感染を起こした上体を腎盂腎炎といいます。

膀胱と腎臓は尿管によって繋がっているので、抵抗力落ちた時に膀胱炎になりやすくなるのと同じように、不規則な生活や過剰なストレスなどにより免疫力が落ちている場合には膀胱炎から腎臓にまで感染し炎症を起こし急性腎盂腎炎となる可能性が高くなります。

他にも腎盂や尿管の異常や結石などの尿の流れを悪くする病気や糖尿病や痛風などの代謝異常の病気を持っていると、細菌が発生しやすく感染を起こす危険性も大きくなるため、さらに腎盂腎炎になる確率は高くなります。

急性腎盂腎炎の他の原因として考えられるものに、尿管などの尿路以外の身体のどこかに化膿した部分があり、そこから細菌が血液の中やリンパ管の中に入り全身をまわって腎臓に運ばれる場合があります。

腎臓は尿が作られる大事な臓器です。腎臓が炎症などでうまく働かず重症化すると、尿が作られず身体の外に老廃物などを出せなくなったり、細菌が腎臓から血管やリンパ管の中に入って全身に回ったりすることで、最悪の場合には命に関わることもあります。

膀胱炎を発症した場合には腎臓まで炎症がひろがらないように早めに治療するとともに、他に元になる病気などがある場合には、その病気を悪化させないよう日頃からコントロールをするために適切な治療を継続的に行うようにしましょう。

膀胱炎と腎盂腎炎の症状の違いってなに?

急性膀胱炎の主な症状は頻尿、排尿時の痛み、残尿感などですが、その他に腹痛などがあります。膀胱炎と腎盂腎炎の症状で見分けるのに一番大きな違いは熱の出方にあります。

急性膀胱炎では発熱が出ることは稀なのに対し、腎盂腎炎の場合には熱が出てきます。熱の出方も微熱からじわじわとゆっくり熱が上がっていく場合もあれば、いきなり38℃040℃以上の高熱が出る場合などがあり、特に寒気を伴う急な高熱も少なくありません。
また、こうした発熱に加えて、悪寒や腹痛や腰痛、だるさや吐き気や嘔吐なども起こります。特に子どもや高齢者では、その身体の中の水分量の少なさから脱水になりやすく、重症化すると意識障害を起こすこともあります。

こうした重症化は尿が通りにくくなる通過障害がある場合には、特に起こる可能性が高いので注意が必要です。

尿意を頻回に感じてトイレに一日に何度も行くような膀胱炎の症状とともに発熱が起こる人もいますが、中にはそうした膀胱炎の症状が見られず急な発熱が起こることもあり、膀胱炎や腎盂腎炎と気づかず、風邪と間違われ気がついたら重症化していることも少なくありません。

また、男性の場合だと、発熱が前立腺炎がから来ている場合もあり一層注意が必要です。膀胱炎の症状や先に述べたような高熱や悪寒、吐き気や嘔吐、全身のだるさ(倦怠感)がある場合には、直ちに泌尿器科などの専門の病院に受診するようにしてください。

<腎盂腎炎の主な症状>
・膀胱炎の症状(頻尿、排尿時痛、残尿感、尿の混濁、血尿など)
・寒気(ふるえるような寒さ、悪寒)
・身体のふるえ、歯がガチガチとする。
・高熱(38℃以上。場合によっては40℃以上まで上がることもある)
・全身倦怠感(だるさ)
・吐き気、嘔吐
・身体の痛み(脇腹、背中、腰)

腎盂腎炎ってどうしたらわかるの?

まずお医者さんからの問診で熱の状態が確認されます。膀胱炎の症状があり熱がなければ膀胱炎の可能性が考えられますが、発熱が出ていれば、膀胱炎が重症化し炎症が腎臓の方まで拡がり腎盂腎炎を起こしている可能性が考えられます。

その熱の出方の特徴として、熱の高さをグラフにした場合に朝には熱が下がり夕方から夜にかけて熱があがり、また朝には熱がいったん下がるといった曲線を描きます。

膀胱炎の症状に発熱がある場合には、一日の中でどのように熱が上がり下がりするか体温を測ってお医者さんに報告してみてください。

次にお医者さんの触診により腎臓や腰などに痛みがないか診ます。他には膀胱炎の検査と同じように尿検査をして、尿の中に細菌やタンパク質が含まれていないか、血液検査で身体に炎症が起きていないか、腎臓の機能に異常はないかなどを診ます。

また、他の検査としては、腎盂腎炎を起こす原因になる病気がないかレントゲンや造影撮影などをすることもあります。子どもや高齢者の急性腎盂腎炎では、炎症を起こす要因になるような病気やあることもあります。

膀胱炎や腎盂腎炎を繰り返す場合、この要因になる病気がないかどうかを調べて、その治療もしていかなければなりません。

膀胱炎も腎盂腎炎も、尿路に異常がなくしっかり治すことができれば腎臓の機能低下など重篤な後遺症を残すことなく治すことができる病気です。逆に放置して重症化すれば命に関わることもあります。

重症化させないために早めに病院に受診することも大事ですが、症状を繰り返す場合には泌尿器科の専門のお医者さんに受診するようにしましょう。

スポンサードリンク


膀胱炎について
膀胱炎に使われる薬
急性膀胱炎について
慢性膀胱炎について
間質性膀胱炎について
出血性膀胱炎について
妊娠・出産・産後の膀胱炎
男性の膀胱炎について
膀胱炎悪化による腎盂腎炎について
膀胱炎の再発予防法
自分でできる膀胱炎の対処法
膀胱炎のときの疑問
膀胱炎と間違えやすい病気