当サイトについて

排尿時に違和感やしみるような痛みを感じた場合、まず疑われるのが膀胱炎です。男性よりも女性に多く見られる膀胱炎ですが、排尿に関わるその症状から、医師や周囲の人へ相談する勇気が持てない……、という方も多いのではないでしょうか?

そこで当サイトでは、膀胱炎の定義や症状、基礎知識についてご紹介したいと思います。膀胱炎の知識が、相談や診察に一歩踏み出すきっかけとなれば幸いです。


女性に多い!? 膀胱炎ってどんな病気?

膀胱炎は、尿道から大腸菌や腸球菌などの細菌が体内に侵入し、膀胱内で増殖することで引き起こされる病気です。

膀胱は、腎臓から送られた尿を排泄まで一時的に溜める袋状の器官で、内面は柔らかな粘膜で覆われています。この膀胱に雑菌が入り込み増殖すると、膀胱内に炎症が起こり、違和感や痛み、出血などの膀胱炎の症状が現れるようになります。

膀胱炎は文字通り「膀胱が炎症を起こした状態」とイメージすると分かりやすいでしょう。

膀胱炎はどんな時に起きやすい?

人間の身体には常に細菌や雑菌が存在しています。膀胱炎の原因となる大腸菌や腸球菌なども例外ではなく、尿道周辺にあるこれらの細菌が、尿道に侵入することも珍しくありません。ただ、通常尿道に入り込んだ細菌は排尿の際に体外に排出されるため、膀胱炎になるリスクは低いものとなっています。

しかし、尿意を我慢して長時間排尿しなかったり、ストレスや過労などによって免疫力が落ちていたりすると、細菌が膀胱へ侵入することを防ぐことができず、膀胱炎を引き起こしてしまいます。

膀胱炎の種類

膀胱炎は次の3つに大別することができます。

1.急性膀胱炎

急性膀胱炎は細菌感染による膀胱炎で、特に若い女性に多く見られるという特徴があります。主な症状は頻尿、排尿後の痛み、尿の白濁、血尿、微熱などがあります。

ごく初期の場合は自然治癒することもありますが、重症化すると、トイレを離れられないほどの頻尿、排尿時の強い痛みなどが見られるようになり、完治まで長い時間を要します。

2.慢性膀胱炎

慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の不十分な治療や、何かしらの基礎疾患などが原因となって発症する膀胱炎です。症状は急性膀胱炎とほぼ同じですが、比較的軽症で治まることが多く、自覚症状がないまま完治することもあります。

主な症状は、排尿時の軽い痛み、残尿感、尿の濁りなどが挙げられますが、急性膀胱炎に比べると軽微であることがほとんどとされます。

なお、原因となる基礎疾患には、糖尿病、膀胱結石、尿道結石、前立腺肥大症等があります。

3.間質性膀胱炎

間質性膀胱炎は、間質(上皮と筋肉の間の部分)に慢性的に炎症が起こる膀胱炎です。慢性膀胱炎の一種とされますが、膀胱炎の中では特に症状が重いとされ、精神的にも肉体的にも重い苦痛を伴います。

間質性膀胱炎を発症すると、間質が炎症を起こして筋肉が萎縮して固くなるため、健康時の半分程度の尿しか溜めることができなくなります。さらに、膀胱の内部にも炎症が生じているため、強い痛みを感じます。

症状は急性膀胱炎と似ており、頻尿や排尿時の強い痛み、不快感などが見られます。このことが誤診に繋がることが多く、間質性膀胱炎と診断されるまで時間がかかってしまうケースも少なくありません。

膀胱炎はタイプを問わず、初期段階での治療が効果的です。特に、急性膀胱炎や間質性膀胱炎は重症化すると完治まで長い時間を要しますので、排尿時に違和感や痛みを感じた場合は、速やかに医師の診察を受けることをおすすめします。

膀胱炎はなぜ女性に多いの?男女の割合比は?

膀胱炎は女性に特に多い病気とされ、女性の2人に1人が経験すると言われています。また、男性が膀胱炎にかかるケースは少なく、男女の発症比率は、「男性1に対して女性500」という研究データも存在します。

では、なぜ女性はこれほどまでに膀胱炎にかかりやすいのでしょうか?

膀胱炎が女性に多いのはなぜ?

膀胱炎が女性に多い理由には次のようなものがあります。

1.男性よりも尿道が短い

男性の尿道は平均15cm前後あるのに対し、女性の尿道は平均4cm前後とされます。そのため、尿道口周辺の細菌が尿道に侵入した場合、男性よりも速やかに膀胱に到達すると考えられます。

2.尿道口に肛門や膣が近い

膀胱炎の原因菌である大腸菌や腸球菌は、肛門や膣の周辺に繁殖しやすいという特徴があります。女性の尿道口は、男性と比較して膣や肛門に近い位置にあるため、細菌が尿道に侵入するリスクが高くなっています。

3.尿意を我慢する時間が長い

女性は男性と比較するとトイレに立つ機会が少なく、排尿の回数が少ない傾向にあります。尿道に入りこんだ細菌は排尿することで体外に排出されるため、排尿の回数が少なければそれだけ膀胱炎になる可能性が高くなります



姉妹サイト

痛風ってどんな病気?原因や予防法を徹底ガイド

姉妹サイトの【痛風ってどんな病気?原因や予防法を徹底ガイド】では、痛風の症状や原因・予防法などの基礎知識について紹介しています。

昔は「贅沢病」とも呼ばれていた痛風ですが、最近では中年だけでなく若い人でも痛風が発症しやすくなっているようです。
しかし、痛風に関してはどういった病気なの?と思っている方も多いのではないでしょうか。
そこで、当サイトでは、風にふかれただけでも痛いといわれている痛風の具体的な症状や原因、対処法などについて解説していきたいと思います。

膀胱炎について
膀胱炎に使われる薬
急性膀胱炎について
慢性膀胱炎について
間質性膀胱炎について
出血性膀胱炎について
妊娠・出産・産後の膀胱炎
男性の膀胱炎について
膀胱炎悪化による腎盂腎炎について
膀胱炎の再発予防法
自分でできる膀胱炎の対処法
膀胱炎のときの疑問
膀胱炎と間違えやすい病気