膀胱炎のときの水分補給にコーヒーや紅茶はOK?

辛い頻尿や排尿時に痛みのある急性膀胱炎の主な原因は細菌感染です。なかなかトイレに行くことができなかったり、過労やストレスなどで体力や免疫力が低下したりしていると発症しやすくなります。

また膀胱炎の炎症が悪化すると、腎臓まで影響して腎盂腎炎になることもあり注意が必要です。そうならないためにも、できるだけたくさんの水分を摂り、こまめにトイレにいくことが必要となってきます。

膀胱炎を早く治すのに効果的な水分の摂り方をご紹介します。

スポンサードリンク


膀胱炎によい飲み物のポイント

急性膀胱炎は細菌感染が主な原因です。尿道口から侵入した細菌が膀胱の中で長く留まり繁殖することで、膀胱の中で炎症を起こし発症します。

通常なら自分自身の持つ免疫力で細菌の繁殖を抑えやっつけることができますが、過労やストレス、食生活の乱れなどから体力や免疫力が落ちていると膀胱炎を発症しやすくなります。

また、身体が冷えると免疫力が落ちてきますので身体を温めるようにしましょう。

まずは水分を摂るということを考えると、常温の白湯もおすすめです。その他で膀胱炎によい飲み物のポイントは以上のことをふまえると、

・細菌を早く体の外へ出してくれる飲み物→利尿作用のある飲み物
・体の中の炎症を抑えてくれる飲み物→免疫力を高めてくれる飲み物、抗酸化・抗菌作用のある飲み物
・身体を冷やさない飲み物→身体を温めてくれる飲み物

と、いうことになります。

膀胱炎によい飲み物って何?

膀胱炎によい飲み物としては、以下のような飲み物がおすすめです。

<利尿作用のある飲み物>
・ドクダミ:イソクエルセチンという成分が利尿を促してくれます。
・パセリティー:ドクダミと同じように利尿を促してくれます。
・大根湯:利尿作用があり、むくみをとってくれます。
※必ず煮立てて飲み、一日3回以上続けて飲むことも避けてください。
・あずき:利尿作用の他に炎症を抑える働きもあります。

<抗酸化・抗菌作用のある飲み物>
・クランベリー:A型プロアントシアニジン、キナ酸という成分に抗酸化・抗菌作用があるといわれています。
・ブルーベリー:グランベリーと同じ仲間なので、同じく抗酸化・抗菌作用があるといわれています。
・紅茶・緑茶※:カテキン、テアフラビンという成分に抗酸化作用があります。

<免疫力を高めてくれる飲み物>
・ココア※:ポリフェノールの作用で免疫力をアップするといわれています。
・野菜のたくさんはいったスムージー
※ただし、多量摂取はおすすめできません。

冷たい飲み物は身体を冷やして免疫力を低下させてしまうので、これらの常温もしくは温かい飲み物として摂るようにしてください。

また、カフェインの入っている飲み物は利尿作用が期待できますが、反面身体を冷やす作用があるので多量に飲むのは避けましょう。量的には一日約101.5リットルを目安に水分補給をするようにしてください。

膀胱炎に悪影響する飲み物ってあるの?

膀胱炎によい飲み物とは逆に、膀胱炎の時に避けた方がよい飲み物もあります。免疫力を低下させる身体を冷やす作用のある飲み物や、辛みのあるスープやアルコールなど刺激のあるものは避けるようにしましょう。

コーヒーや紅茶、また緑茶などは利尿作用はありますが、カフェインが多く含まれるため身体を冷やす原因にもなりますので、多量に摂取するのはおすすめできません。

また、利尿作用があるとされているパセリティーも、妊娠している女性では子宮を収縮させる作用もあり早産や最悪流産を引き起こす可能性もあるため避けましょう。

他にも刺激のある飲み物として、レモンやオレンジなどの柑橘系の飲み物や、炭酸飲料も避けてください。

<膀胱炎の時に避けた方がよい飲み物>
・冷たい飲み物
・コーヒー
・紅茶
・ウーロン茶
・牛乳
・アルコール
・香辛料を使ったスープ
・柑橘系の飲み物
・炭酸飲料
・人工甘味料の入っている飲み物

軽い急性膀胱炎では、水分を多く摂り、排尿を促すことで膀胱炎の予防や治療に繋がることもあります。

しかし、膀胱炎の症状がひどい場合や膀胱に尿が溜まっているのに排尿できないといった排尿困難や尿閉の症状がある場合には、専門医での治療が必要です。

その場合は水分摂取だけで膀胱炎を治そうとはせずに、必ず、病院に受診して医師の指示に従うようにしましょう。

スポンサードリンク


膀胱炎について
膀胱炎に使われる薬
急性膀胱炎について
慢性膀胱炎について
間質性膀胱炎について
出血性膀胱炎について
妊娠・出産・産後の膀胱炎
男性の膀胱炎について
膀胱炎悪化による腎盂腎炎について
膀胱炎の再発予防法
自分でできる膀胱炎の対処法
膀胱炎のときの疑問
膀胱炎と間違えやすい病気