膀胱炎でつらいとき、お風呂に入っても大丈夫?

膀胱炎は細菌感染から頻尿と残尿感、そして排尿痛また腹痛などが症状として出てきます。身体の冷えから免疫力が落ちて細菌感染を起こすこともありますし、腹痛などは身体を温めることで軽くなることもあります。

しかし、身体の中で炎症を起こしている状態で身体を温めると炎症がひどくなる場合もあり、膀胱炎の時にお風呂などに浸かって温めることに心配をする方もいます。膀胱炎と入浴の関係についてご紹介していきます。

スポンサードリンク


膀胱炎の時、入浴はしてもいいという考え方

膀胱炎の入浴については、入浴はしてもいいとするお医者さんもいますし、入浴は膀胱炎の症状がある時はやめた方がいいというお医者さんもいます。

膀胱炎はその殆どが、大腸菌などの細菌が尿道口から膀胱に侵入して、繁殖して炎症を起こして発症させます。普通は細菌が身体の中に侵入しても細菌が繁殖する前に、排尿と一緒に細菌は身体の外に出されて炎症を起こすまでに至りません。

しかし、日常生活の乱れや加齢などにより本来持っている免疫力が落ちていたり、仕事などで排尿を我慢して膀胱の中に尿が長時間溜まった状態で浸入してきた細菌が繁殖したりすることで膀胱炎を起こすこともあります。

まず、膀胱炎の時の入浴はしてもいいという考えについては以下のような理由があります。
お風呂の中には様々な雑菌が存在しています。しかし、通常、尿道口は閉じているので入浴により細菌が尿道口の中に侵入することはないと考えられています。

そのため、膀胱炎でも入浴することは問題なく、むしろ、陰部を清潔にするためにも入浴はしてもよいとされています。

膀胱炎の時、入浴はだめという考え方

膀胱炎の時に入浴はやめた方がいいという考えについては、身体を温めることで炎症がひどくなることが考えられるからです。膀胱炎では膀胱の中の粘膜が炎症を起こしている状態です。

炎症が起こっている時は、その組織が傷ついていたり、出血をしたりしています。温めることで血管が拡がって血流が増え、出血がひどくなったり、神経の伝達がよくなり痛みが強くなったりする場合があります

また、入浴では身体が温まることで細菌が活性化してより繁殖すること考えられることや、身体も入浴により体力を消耗するため負担になります。

そのため、湯船に浸かって身体を温めることで、細菌が繁殖し炎症をひどくさせたり、体力を消耗して免疫力が下がったりすることで、膀胱炎の治りが悪く長引くことも考えられます。

そういったことから、お医者さんによっては膀胱炎の症状がある時には、入浴を控えた方がよいと言われます。

ただし、身体を清潔にするために、湯船に浸からなければシャワーを浴びることは問題ないと言われることが殆どです。

いずれの場合も、膀胱炎のその状態をみて治療をしているかかりつけのお医者さんの指示に従ってください。

膀胱炎の時に入浴するポイント

シャワーも含めて、膀胱炎の時に入浴する際の注意点はいくつかあります。まず、膀胱炎の時には体力、免疫力が落ちていますので、身体が疲れない程度の入浴にしましょう。

免疫力を上げるのに体温を上げることは効果がありますが、42℃以上のあまり高いお湯での入浴は、体力を奪われるばかりか、交換神経が刺激されて痛みなどが悪化する場合もあります。39℃前後のお湯で疲れない程度の時間ですますようにしましょう。

また、入浴前後は必ず水分を摂るようにしてください。入浴では汗が出るため、その分、体内の水分が奪われ尿の水分も少なくなります。

他にも、アロマを垂らしてアロマバスにして湯船に浸かることもおすすめです。膀胱炎に効果があるとされている主なアロマオイルには以下のようなものがあります。

スポンサードリンク


膀胱炎について
膀胱炎に使われる薬
急性膀胱炎について
慢性膀胱炎について
間質性膀胱炎について
出血性膀胱炎について
妊娠・出産・産後の膀胱炎
男性の膀胱炎について
膀胱炎悪化による腎盂腎炎について
膀胱炎の再発予防法
自分でできる膀胱炎の対処法
膀胱炎のときの疑問
膀胱炎と間違えやすい病気