あなたのペットは大丈夫?犬や猫も膀胱炎になる!

さて、今まで私達ヒトの膀胱炎についてご紹介してきましたが、私達と生活を共にするペットも膀胱炎になることはあるのでしょうか?

スポンサードリンク


ペットの膀胱炎

実は膀胱炎は人間だけでなく、犬や猫などのペットもかかる病気です。犬や猫などのペットは“排尿痛”や“残尿感”などは口に出して言えませんから、飼い主が“頻尿”や“おしっこが少ししか出てない”、または“血尿”など目で見てわかる症状にいち早く気づき、動物病院につれていってあげましょう。

人間同様、犬や猫にも尿道口から尿道、そして、膀胱へと続いています。そのため、尿道から細菌が侵入して感染し炎症を起こすのも、そして、それがオスよりも尿道が短いメスの方が膀胱炎を発症しやすいのも私達ヒトと一緒です。

ただし、細菌がペットの尿道口から入ったからといって、全てが膀胱炎になるわけではありませんし、はじめに書いたような症状が全て膀胱炎とも限らず、他の病気が潜んでいる場合もあります。

そして、これらの対処も一緒で、早めの受診はもちろんですが、水分を多く取って排尿によって菌を洗い流したり、栄養と睡眠、休息をとって細菌に対する抵抗力を落とさないようにするのも大事です。

膀胱炎の原因はその殆どが糞便による細菌です。他にも排尿を我慢したり、尿道、尿管などの括約筋を支配する神経に障がいが生じたり、結石や腫瘍ができて排尿がうまくされないと、排尿による菌の排出もできず、膀胱炎になりやすくなります。

ペットの膀胱炎の主な症状

ペットの膀胱炎の主な症状としては
・痛みをともなう排尿困難(痛みのために鳴くなど)
・頻尿
・一回の排尿の量が少なくなる。
・排尿姿勢を頻回にとる。(残尿感があるため、何度も排尿をしようとする)
・尿の一回量が減って少ししか出ない。
・尿の色が健康的な透明な黄色から濃い色になったり、白く濁ったり、何か混じったように変化する。
・血尿がでる。
・尿の臭いがきつくなる。
・ぐったりして元気がない
・食欲不振
・発熱
・水をたくさん飲む

口に出して痛みや不快感を言えないペットだからこそ、上記のような症状があれば早めに気づいて、動物病院につれていきましょう。

ペットの膀胱炎の検査と治療

上記のような症状から膀胱炎かも?と思ってペットを動物病院につれていくと、獣医から今の状態や、この症状がいつからあるのかなどを聞かれます。

そして、ヒトと同じく尿検査をして、尿の性状に異常はないか、結石はないか、細菌感染をしてないかなど調べます。その状態によっては、X線によるレントゲン撮影や超音波検査(エコー)検査などをします。

こうして膀胱そのものに異常がないか、排尿をせきとめている結石がないか、腫瘍がないかなどを調べます。

これらの検査により膀胱炎であることがわかれば、抗生物質(または抗菌剤)などによる治療を開始します。薬は獣医さんがその状態に応じて、細菌をやっつけられると思われる量を出していて、短くても2?3週間ほどかかります。

私達と違って、ペットは自分で痛みなどを訴えることは難しいです。飼い主がかってに症状が治ったからと薬を飲ますことや通院をやめてしまうと、膀胱炎が長引いたり慢性化したりしてペットは苦しみます。

症状があったら、獣医の指示のもと内服治療をしてください。また、日頃から膀胱炎にならないようにペットには新鮮なお水を十分にあげて、散歩に連れていくなどして排尿をさせることやトイレ環境を整えることはとても大事なことです。

不潔な環境では膀胱炎に限らず、様々な細菌感染を起こしやすくなるので気をつけて下さい。

<具体的な工夫>

・家のあちこちに新鮮なお水を入れたペット用のお水入れを置く。
・お水入れの種類や大きさを変えて、より水を飲みやすいようにする。
・ペット用トイレは常に清潔が保てるように、トイレの砂やパットなどはマメに交換する。
・お水入れの場所、トイレの場所をペットが好む場所に置く。
・菌に負けない抵抗力をつけるために栄養バランスのとれたペットフードを食べさせる。

など、膀胱炎にならないように、膀胱炎になっても重症化しないようにケアをしてあげてください。

犬の膀胱炎と猫の膀胱炎

ペットに多い犬と猫ですが、膀胱炎の発症にあまり違いはありません。ただし、犬や猫の場合、膀胱から尿道の出口に発症する病気で尿路結石症も多く、そこから膀胱炎になることも少なくありません。

そのため、早くに受診して適切な治療をしなければなりません。

また、猫の場合は同じ膀胱炎でも特発性膀胱炎が多く再発しやすいので注意が必要です。これはもともと猫の身体のしくみで成分の濃い尿を作るので、日頃から水分をとるためにウェットタイプのペットフードや飲水量を増やすように工夫されたドライフードを与えるのも膀胱炎の予防になります。

膀胱炎ともしもの場合のペット保険

ペットの膀胱炎の治療費はさほど高くはありませんが、膀胱炎は繰り返したり、他の病気を発症する可能性がある病気です。膀胱炎にならないような工夫をするのはもちろんですが、気をつけていても高齢になり抵抗力などが落ち、結石や手術から膀胱炎になることもあります。

そういったペットの治療費は高額になることもあり、膀胱炎を繰り返し通院や検査が負担になることもあります。

心配な方は、もしもの場合を考えてペット保険の加入も検討するのもいいかもしれません。その時には膀胱炎が保障対象になっているのか、他にどんな保障がされるのかを必ず確かめましょう。

スポンサードリンク


膀胱炎について
膀胱炎に使われる薬
急性膀胱炎について
慢性膀胱炎について
間質性膀胱炎について
出血性膀胱炎について
妊娠・出産・産後の膀胱炎
男性の膀胱炎について
膀胱炎悪化による腎盂腎炎について
膀胱炎の再発予防法
自分でできる膀胱炎の対処法
膀胱炎のときの疑問
膀胱炎と間違えやすい病気