出血性膀胱炎の症状の特徴は、肉眼でもはっきりわかる血尿

出血性膀胱炎では通常の膀胱炎の症状にくわえて、肉眼的血尿がみられます。血液が出ているということは、そこが炎症を起こしているということで、放っておくと膀胱内の炎症がますますひどくなって様々な症状を引き起こす恐れがあります。

受診が必要な出血性膀胱炎の特徴的な症状や診断のために必要なことをご紹介していきます。

スポンサードリンク


出血性膀胱炎の主な症状は?

出血性膀胱炎では、ウィルス感染やアレルギー、その他薬物の影響などで膀胱内の粘膜から出血をします。

そのため、膀胱炎でよくある頻尿や排尿痛、残尿感とともに肉眼で見てわかる血尿がみられます。膀胱炎から微熱程度の軽い発熱をすることもあります。

<出血性膀胱炎の主な症状>

1.膀胱炎の症状(膀胱の炎症に伴う症状)
  ・頻尿…尿の回数が増えて一日に昼夜問わず何回も(7?8回以上)排尿に行く
  ・排尿痛…特に排尿の途中から終わりにかけて強く痛むことが多い。
  ・残尿感…排尿をしてもおしっこをしたい感じが残る。
2.尿に血液が混じる
  ・尿が赤み(血液が混ざっている)を帯びている。
  ・目で見てわかる肉眼的出血から、尿検査で初めてわかる程度の軽い出血の顕微鏡的出血まで様々。
  ・時には血液が固まって粘液様の浮遊物で混ざることもある。

3.発熱…発熱することはあまりないが、発熱する時は微熱の方が多い。

出血性膀胱炎の診断は何を診るの?

まずは尿検査で、潜血反応を見ます。尿に血が混じっていれば試験紙の色が変化し、混ざっている血が多ければ多いほど試験紙の変化も大きくでます。

血液に反応するので、尿に血液が混ざっているのをみることはできますが、その血液が膀胱からの出血なのか、尿道からの出血なのか、またそれ以外の陰部の外傷なのかは判断できません。

尿採血をする時、指にケガをしていてその血液が尿の中に入るようなことがあれば“血尿”と判断されてしまいます。そのため、尿検査の際には尿以外の血液が混じらないように気をつけるようにしましょう。

また、女性で生理中の場合は必ずそのことを尿検査をする時に看護師かお医者さんに伝えるようにしてください。

他にも、感染による出血性膀胱炎の場合はその原因であるウィルスや細菌の種類を調べる検査をすることもあります。

そして、植物アレルギーや薬物アレルギー、また薬物の使用による出血性膀胱炎ではそのアレルゲンの特定や飲んでいる薬なども、診断の大きな参考になります。薬物の使用による出血性膀胱炎では、抗アレルギー剤、免疫抑制剤や抗がん剤の他に漢方薬などでも起こることがあります。

アレルギーの有無や、服用している薬の種類や服用量、またその服用期間なども受診したお医者さんに伝えるようにしましょう。

出血性膀胱炎の治療と予防は?

基本的にウィルス感染による出血性膀胱炎の治療は、そのウィルスに効く薬はありません。出血に対して軽い止血剤を使用することもありますが、余程の出血でなければ水分を多めにとって激しい運動などを避け安静にして自然治癒を待ちます。

通常、肉眼で確かめられる肉眼的血尿も多くは数日で治り、目に見えない血尿で尿検査で潜血反応が出る場合でも、約10日間程で反応がなくなります。

他、アレルギーや薬物による出血性膀胱炎では、そのアレルゲンとなるものを排除した生活をすること、また原因となった薬物をやめることが第一の治療になります。

しかし、出血性膀胱炎の程度が重く、膀胱内で血液成分が溜まったり、なかなか排出されない場合、血尿の中で血液が固まり尿道などを塞いでしまったりすることがあります。そのために排尿がしにくくなり炎症をひどくする場合や、もっとひどくなるとそれが原因で尿閉という排尿が全くできない状態になったり、膀胱が萎縮してしまったりする場合もあります。

排尿をする時に様子が変だと思ったら、早めにまずは受診をするようにしましょう。

出血性膀胱炎を起こしやすい人もいます。下記の人やその家族の人は出血性膀胱炎の症状に気をつけて、必要時は速やかに受診するようにしてください。

<出血性膀胱炎を起こしやすい人>

・高齢の方
・糖尿病を患っている人
・慢性膀胱炎、慢性尿路感染症を患っている人
・尿路結石症、水腎症を患っている人
・長期的に副腎皮質ステロイド剤を使用している人
・出血素因のある人(肝硬変や血小板が少ない人)
・抗凝固剤を使用している人

また、普段から水分を積極的に多く摂るようにして排尿するようにすることで出血性膀胱炎を予防することができます。

スポンサードリンク


膀胱炎について
膀胱炎に使われる薬
急性膀胱炎について
慢性膀胱炎について
間質性膀胱炎について
出血性膀胱炎について
妊娠・出産・産後の膀胱炎
男性の膀胱炎について
膀胱炎悪化による腎盂腎炎について
膀胱炎の再発予防法
自分でできる膀胱炎の対処法
膀胱炎のときの疑問
膀胱炎と間違えやすい病気