抵抗力の低下や尿意の我慢などが膀胱炎の原因になる

膀胱炎の原因はストレス?!

膀胱炎の原因は膀胱が炎症を起こす原因となる細菌が尿道口から膀胱に入って起こります。普通に生活をしていれば、人の持っている免疫力によって多少の細菌が体内に入ってきても直ちに炎症を起こしたりすることはなく、膀胱炎においては排尿すれば細菌は尿と一緒に身体の外へ出されます。

逆に排尿を我慢して尿を膀胱内にためておくことで、身体の中に入ってきた細菌が長くとどまり暴れ出して膀胱炎を発症してしまいます。排尿を我慢することだけが膀胱炎の原因ではありませんが、膀胱炎になりやすくなります。

また、膀胱まで細菌が入って炎症を起こそうとしても、普通は自分の持つ免疫細胞がこの悪さをする細菌たちをやっつけてくれるのです。この免疫細胞が白血球であり、私達の身体を守ってくれるのです。

しかし、この免疫細胞の働きが弱まってしまうと、細菌が暴れ出す前にやっつけることができず、細菌による炎症を引き起こしてしまいます。

自分の持つ免疫細胞の力、すなわち、免疫力が落ちてしまう原因はさまざま。
その中の一つに実はストレスも関係してくるのです。

細菌の侵入だけでなく、仕事などでトイレに行きたい時に我慢しないといけない日や多かったり、日々我慢することが多いストレス生活も、膀胱炎の原因の一つになるのです。

あなたの生活は膀胱炎になりやすい?!

先程、書いたように単に細菌の侵入だけでなく、日々の生活のなかにも膀胱炎の原因はひそんでいるのです。では、生活の中で、どうしたら膀胱炎になるのでしょうか?また、逆にどうしたら膀胱炎にならずにすむのでしょうか?

私達が身体のさまざまな機能を維持し、健康を保つためには、実は自律神経のバランスが大きなポイントになってきます。自律神経は身体の機能を調節してくれる神経で、交感神経と副交換神経の2つがあります。

この2つの神経のバランスが崩れることで、膀胱炎を起こしやすい身体を自分で作ってしまうことになるのです。

簡単にいうと、交感神経は起きている時の神経。日中の活動を支えてくれる神経です。脈を早めたり、血圧を上げたり、血糖のコントロールをしたりと仕事や運動などできる状態にしてくれます。

一方、副交感神経は食事中や寝ている時の神経で、身体を休めるために筋肉を和らげたり脈や血圧を安定させたり、身体を内部から温めたりと身体のリラックス状態をつくってくれる神経です。私達はこの交感神経と副交感神経をスイッチのように切り換えをしながら生活をしています。

しかし、睡眠不足や過労などが続くとこの自律神経の切り換えスイッチがうまくいかなくなります。過度なストレス状態が続くと、交換神経ばかりが働いている状態となります。食事がとれず栄養不足になったり、寝付けず不眠で疲れがたまったり、体温があがりにくくなって身体が冷えたり、血圧が安定せず低血圧になったりすることで体力も低下してきます。結果、免疫力も落ちてしまうのです。

このように生活のバランスが崩れると自律神経のバランスも乱れ、体力や免疫力も低下してしまうのです。それによって膀胱炎が発症しやすい身体を自分で作り出してしまいます。あなたは、自律神経が乱れたり、過度なストレスがかかったりする生活をしていませんか?

膀胱炎にならない生活

膀胱炎は細菌が引き起こす炎症からなる病気です。細菌を身体の中に入れない、身体の中に入った細菌はすぐに出す、体力と免疫力をもって細菌に負けないという3つのことを考えれば、膀胱炎にならない生活の具体的なポイントがわかります。

□トイレがすんだ後は前から後ろに拭く(細菌を身体の中に入れない)
□下着はマメに交換する。(細菌を身体の中に入れない)
□性交の時には自分も相手も身体を綺麗にする。(細菌を身体の中に入れない)
□水分は我慢しない。多めにとるようにする。(身体の中に入った細菌はすぐに出す)
□トイレを我慢しない。(身体の中に入った細菌はすぐに出す)
□食事はバランスよくとり、適度な運動をする(体力と免疫力をもって細菌に負けない)
□睡眠は十分にとる(体力と免疫力をもって細菌に負けない)
□身体を冷やさない(体力と免疫力をもって細菌に負けない)
□ストレスをためすぎない(体力と免疫力をもって細菌に負けない)
□風邪などの病気は早めに治す(体力と免疫力をもって細菌に負けない)

膀胱炎になると痛みや頻尿で大変です。規則正しい生活で膀胱炎にならない快適な生活をしましょう。

スポンサードリンク


膀胱炎について
膀胱炎に使われる薬
急性膀胱炎について
慢性膀胱炎について
間質性膀胱炎について
出血性膀胱炎について
妊娠・出産・産後の膀胱炎
男性の膀胱炎について
膀胱炎悪化による腎盂腎炎について
膀胱炎の再発予防法
自分でできる膀胱炎の対処法
膀胱炎のときの疑問
膀胱炎と間違えやすい病気