男性の膀胱炎症状は、尿道炎や前立腺炎が原因かもしれません

男性には少ないと言われる膀胱炎ですが、尿道炎や前立腺炎による炎症が膀胱まで広がり膀胱炎になることがあります。

男性の膀胱炎では、このように他の病気が一緒に起こっている場合があります。男性の膀胱炎や、それに関係する病気にはどんなものがあるのでしょうか?

スポンサードリンク


膀胱炎と尿道炎、前立腺炎って何が違うの?

まず、おしっこがでるところ、つまり尿道の入り口を尿道口と言います。尿道口から膀胱までを尿の通る道「尿道」といい、そして、尿が溜まる膀胱へ繋がっています。

男性の場合は、この尿道の途中、膀胱の下に前立腺という前立腺液を分泌する臓器と繋がっています。尿道で細菌に感染し炎症を起こせば尿道炎、前立腺で細菌感染し炎症を起こすことで前立腺炎になります。

尿道口から細菌が膀胱に達して膀胱炎になりますが、これらの尿道炎や前立腺炎の炎症が膀胱に広がり膀胱炎になることもあります。

尿道炎は女性よりも男性に多く、男性の急性尿道炎には淋菌やクラミジアが原因菌となる「淋菌性尿道炎」「クラミジア性尿道炎」と、マイコプラズマやウレアプラズマ、大腸菌など淋菌やクラミジア以外が原因となる「雑菌性尿道炎(非淋菌性非クラミジア性尿道炎)」があります。

前立腺炎は男性の生殖器のひとつである前立腺に炎症が起こるものです。膀胱の下、膀胱の出口付近の尿道のまわりにあります。前立腺炎は急性と慢性に分けられ、急性の場合は比較的きちんと治療すれば完全に治すことは可能ですが、慢性化すると治すのが難しくなります。

また細菌性と非細菌性にも分けられ、尿道炎などの尿路感染から前立腺炎になる場合と慢性前立腺炎で細菌が検査で証明されないものもあります。

膀胱炎は尿道を通して細菌が膀胱内に侵入し膀胱の中の膀胱粘膜で増殖、感染し炎症を起こした状態です。

直接に膀胱に細菌が侵入して膀胱炎になることもありますが、男性の場合は尿道炎や前立腺炎を先に起こして、その細菌感染による炎症が膀胱に広がり膀胱炎になる場合が多くあります。

男性が膀胱炎を起こす原因は?

男性の膀胱炎になる原因である尿道炎や前立腺炎は、ストレスや疲れで抵抗力や免疫力が低下している時に起こりやすくなります。他にも加齢によるホルモンバランスの変化から前立腺が肥大(前立腺肥大症)して尿が出にくくなって膀胱炎を起こしたり、前立腺や膀胱の腫瘍で膀胱炎になったりすることもあります。

そして、これらの検査や治療の際に尿道から膀胱にカテーテルを入れることで膀胱の中に細菌が侵入して感染をして膀胱炎を起こすことがあります。

前立腺炎だけでなく、その周囲にある精巣の横についている精巣上体でも炎症が起こり、これらが膀胱炎と関係することがあります。前立腺炎や急性精巣上体炎の場合、膀胱炎の症状はもちろんですが、高熱が出たり、陰嚢全体が赤く腫れたりする症状がでます。
これらが慢性化している場合には熱は高く出ませんが、頻尿や、残尿感の他に下腹部や鼠径部(足の付け根)の痛みや腰などの痛みや不快感が出ることがあります。

他にも尿道結石や腎臓結石、神経因性膀胱などで、排尿に時間がかかったり、尿の勢い弱くなったりとうまく排尿できず尿が長時間膀胱に溜まることから膀胱炎になることもあります。

男性の膀胱炎では複数の病気を患っていることも少なくありません。膀胱炎かなと感じる症状があったり、膀胱炎の治療が長引いたりしている場合には、膀胱だけでなく他の箇所も検査や診断ができる泌尿器科などの専門医に相談しましょう。

男性の膀胱炎の検査と治療

膀胱炎の検査は尿検査が主になります。他にも尿の細菌培養検査や必要時には採血や腎臓や膀胱の超音波検査などをします。膀胱炎と一緒に前立腺の炎症など他の病気が隠れていないかどうかの検査も必要になることもあります。

治療自体は、膀胱炎に対しては抗生物質や抗菌剤の治療が主になります。通常は約1~2日で症状が改善してきて、約3~5日間で症状は消えて完治となりますが、前立腺肥大症や腫瘍、結石などの病気が隠れている場合には、バルンカテーテルを入れて尿が出やすくしたり、手術などの外科的治療でその原因となっている腫瘍などを切除したりする場合があります。

特に膀胱炎を繰り返す場合や、尿の中に肉眼的にみても明らかにわかるような強い血尿がある場合には、他の病気がないか必要に応じて膀胱鏡などの様々な検査が必要になります。

予防としては、トイレを我慢しすぎないよう、こまめに水分をとり排尿を促すようにしましょう。また、男性の膀胱炎では膀胱だけの炎症ではなく尿道や前立腺の炎症などを伴う場合が多くあります。陰部の清潔を保つようにしましょう。

また、ストレスや過労などで抵抗力が落ちると細菌に感染しやすくなります。適度な休息やバランスのよい食事をし、体調管理に気をつけるようにしましょう。

いずれにせよ、男性の膀胱炎は他の病気が隠れてる可能性が高いことや、気づいた時には原因になっている病気が重症化や慢性化していて膀胱炎も繰り返し、治療そのものも難しくなっている場合もあります。

頻尿や残尿感や排尿痛などの膀胱炎の症状の他に気になる症状があれば、できるだけ早く専門医に相談しましょう。

<膀胱炎と気になる症状>
・頻尿
・夜間にもよくトイレに起きる
・排尿したばかりなのに、またすぐトイレに行きたくなる
・残尿感
・排尿痛
・尿が白く濁る
・尿の中に浮遊物がある
・血尿
・尿臭が強い

上記に加えて
・熱が出る
・下腹部の痛みや違和感
・尿道の痒みや痛み
・尿道口からの漿液や膿の分泌
・尿道口の発赤、腫れ
・尿が出るまでに時間がかかる
・尿の勢いが弱い、または細くちょろちょろしか出ない
・足の付け根(鼠径部)、腰、おしりの痛みや違和感

スポンサードリンク


膀胱炎について
膀胱炎に使われる薬
急性膀胱炎について
慢性膀胱炎について
間質性膀胱炎について
出血性膀胱炎について
妊娠・出産・産後の膀胱炎
男性の膀胱炎について
膀胱炎悪化による腎盂腎炎について
膀胱炎の再発予防法
自分でできる膀胱炎の対処法
膀胱炎のときの疑問
膀胱炎と間違えやすい病気